外貨FXと為替証拠金

a1180_001395

 

FXは外国為替証拠金取引とよぶことがありますが、近頃FXで為替取引を行なう人が増えています。FXではどのようにして外貨を取引するのでしょうか。外国為替、つまりドル、ユーロ、ポンドなどの日本円以外の通貨の売買を行う取引というのが、外貨FXです。外貨預金や外貨MMFと利益が出る仕組みは似ていますが、現実に為替を売買するわけではありません。

 

外貨預金との相違点としては、為替売買を行なったとみなし利益を計算するという点が上げられます外貨FXには、取引の証拠金を前もって入金しておき、実際の何倍もの取引を行うレバレッジ効果というものがあります。レバレッジ効果を用いることで、少額の資金で大きな取引を行なうことができます。外貨FXでは取引の規模を為替証拠金の入金額よりも大きくすることができるため、利益も損失もそれだけ多額になります。外貨預金の取引であれば円売りから取引を開始しますが、外貨FXは円買いの取引から開始することもできます。

 

現実に外貨を持っていなくても、外貨売りの取引をすることも出来るのです。外貨FXであれば、将来的に円高となることが予測できる場合であっても、為替差益を得られるかもしれないわけです。外貨FXの為替差益は多額にすることが可能なので、金融商品としては非常に人気が高いものとなっていますが、損失が出る場合も多額になることになりますので、為替取引を行なう場合には注意をしておかねばなりません。