外貨FXのリスクについて

外国為替証拠金取引や通貨証拠金取引などと呼ばれることもある外貨FXが人気となっています。外貨預金よりもよい効率にひかれて、近頃、これに挑戦してみたいという人が増えてきています。小さな元手で大きな為替差益を生む可能性がありますし、取引を円売りから始めることもできるなど、いくつかの長所を持っています。為替差益やスワップポイントなど利益があり決済期限もないものなのですが、リスクも当然のことながら伴います。

 

外国為替証拠金取引業者の経営が悪化すれば、自己資金や利益を取り戻せなくなるかもしれません。外貨FXを行なう人は、FX会社に対して売買取引を行なうことになるため、この取引相手のFX会社が潰れた際には、資金や利益を回収できないこともあり得るのです。外国為替証拠金取引は取引するFX会社の信用力も視野に入れて慎重に行なうべきです。いま外貨FXを手がけるFX会社は200以上あると言われています。しかしその半数以上は信用に問題のある会社だとされています。

 

当たり前のことですが、外貨FXは為替変動リスクを持っています。取引している外貨は為替市場で変動しているため、自分の予測と反対の値動きが起きれば損失が出ます。外貨FXでは投資した資金に比べて大きな取引ができるので大きな利益が出る反面損失大きいということもリスクだといえます。外貨FXで扱われる通貨の中には流動性リスクの高いようなものもあるため、注意が必要です。外国為替証拠金取引で利益を得るには、こうしたリスクを引き受けなくてはいけないことを忘れてはいけません。